術後51日目【正常値】犬の僧帽弁閉鎖不全症コロンの手術体験記

当ページのリンクには広告が含まれています。
犬 僧帽弁閉鎖不全症 闘病記録 コロン

僧帽弁閉鎖不全症の手術後に6週間入院したコロンの術後の体験記録です。
回復までの様子や入院中の血液検査の数値など、コロンの記録が同じ手術をしたワンちゃんや、手術を迷っている飼い主さんの参考になれば嬉しいです。

コロン

通常は術後2週間ほどで退院できることが多いですが、コロンは時間がかかりました。

【僧帽弁閉鎖不全症手術後の経過】
手術前日(11/10)~術後21日(12/2)…1回目の入院
術後22日(12/3)~29日目(12/10)…退院中
術後30日(12/11)~55日目(1/4)…2回目の入院👈今ココ

再入院中

1月1日

年末にやっとCRPが下がり始めたものの、今度は白血球の数値が高くなっていたコロン。

このままCRPと白血球の数値が順調に下がれば、退院できそうです。

ひとつ前のお話

目次

犬の僧帽弁閉鎖不全症手術体験記録
【術後51日目】

1月1日

コロンが手術をした循環器の専門病院は年中無休。

術後で、油断ができない状態のワンちゃん達が常に入院しているため、年中無休の24時間看護です。

凄いことですよね…。

本当にありがたいです…✨

年末に電話をした時は、CRPの数値が大幅に下がったものの、白血球の数値が高くなっていました。

このまま順調に下がってくれれば退院できると言われているので、今日の結果は重要です。

あれから2日経っているので、数値が改善しているか、変動が無いか、悪化しているか…。

専門医さん

年末年始も病院にいますので、電話してもらって全然大丈夫ですよ!

と言ってくださるありがたい先生方のお言葉に甘え、新年のご挨拶も兼ねてお電話しました。

改善しているかどうか…。

ドキドキ…

期待はしすぎず…

結果

専門医さん

CRPも白血球の数値も、改善傾向ですよ。
ほぼ正常値になっています。

本当ですか!
良かった!!✨

CRPは正常値。(1以下)
心配だった白血球は、治療の過程で数値が上昇することは想定内だったそうで、今回は問題ありませんでした。

専門医さん

このまま正常値を維持できれば、退院できそうです。

ついに!

退院が近づいてきました!

でもでも、
コロンはこうやって正常値になっても、また数値が変動して今に至っているので、先生方も慎重です。

点滴なども行っていたため、薬の投薬だけでこの数値を維持できるか、2日間様子を見て、執刀医さんの判断のもと退院を決定することになりました。

まだ油断はできない!

2日後にまた連絡をして、退院できるかどうかを教えてもらうことになりました。

このまま数値が変動しないことを、祈るばかりです。

犬 僧帽弁閉鎖不全症 闘病記録 コロン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次